思い出に残るバスツアーの旅
2018年9月6日

ツアーコンダクターについて

パッケージツアーといえば、最近ではいない場合もありますが、たいていはツアーコンダクターとよばれる人が、参加者にまじって同行しているはずです。

このツアーコンダクターですが、団体で行動することが求められている旅行のすべての日程にわたって同行し、さまざまな裏方のサービスにあたる人のことをいいます。たとえば、移動や現地の名所旧跡の見学の際の注意事項について参加者に案内をしたり、ホテルを団体でチェックインしたり、現地の施設とバスの発着時刻などのこまかな調整をしたりといったことがあります。

こうした職種については、専門の会社から個別の旅行が催行されるつど派遣されてくる場合と、はじめから旅行会社などに正規の職員として勤務している場合の両方がありますが、基本的な役割というのは上記に掲げるとおりです。ただし、小さな旅行会社でこのようなしごとに就いているという場合には、本業のほかにも、役所や民間の他の会社といった得意先を訪問して営業活動をしていてたり、パッケージツアーの企画のために現地をあらかじめ下見して問題点をチェックしたり、切符や宿泊先などの手配の事務をしていたりといったこともありますので、かなりオールマイティーな職種であるともいえます。

ツアーコンダクターになるためには、一定の実務経験を経て、観光庁が指定した機関による資格の認定を受けなければならないため、誰でもすぐさまなれるというものではありません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *