思い出に残るバスツアーの旅
2018年9月3日

バリアフリーツアーについて

旅行会社のパンレットにあるようなパッケージのツアーといえば、おおぜいの人が団体行動で同じ日程をこなさなければならず、便利である反面、特別な配慮が必要な人にとっては気苦労がたえないものです。

たとえば、日常的につえで歩行していたり、車椅子を用いていたりする人であれば、観光バスそのものからして、車高があるために容易に乗り降りすることはできず、伝統的な神社仏閣や和風旅館なども、階段部分が多く、かならずしもこうした人々の利用を想定しないつくりになっているため、移動するだけでも時間がかかり、観光を楽しむどころではないのです。

そのため、最近では一部の旅行会社でバリアフリー観光のデスクを開設したり、バリアフリーとうたったパッケージツアーを企画するなどしていますので、こうしたものに申し込んでみるというのもひとつの方法です。はじめからバリアフリーに配慮されたツアーであれば、移動の際の乗り物も障害のある人や介護が必要な人が乗り降りしやすいものとなっていますし、現地の視察なども事前に済んでいるため、歩きやすいルートで目的地に向かったり、食事や宿泊にあたってもバリアフリー化されている施設を選定してもらえます。

また、こうしたツアーのなかでも、身体障害者手帳などをもっている人については、現地の観光施設で割引料金により入場が可能であることが多々ありますので、料金的な面でもそれなりに魅力があるものといえるでしょう。東京の高速バスで行くのも交通費を安く抑えられます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *