思い出に残るバスツアーの旅
2018年8月15日

家族旅行は思い出になります

一口に家族旅行と、言ってもその年代や性別は色々とあります。

子供が小さなときに、夏休みなどにいくことも家族旅行です。そして、その逆に子供が成人して親を連れていく家族旅行もあります。どの家族旅行にも、共通しているのがそれは温かい絆が含まれていることです。

血は、水よりも濃いとよく言われますがそれを同じようにいくら喧嘩をしても切ることができない絆が家族にはあります。旅行にいくと、同じ景色をみることで同じように感動をすることができます。

その空間を共有することで、かけがえのない時間を共有することになり後からそれは思い出というものに変化しています。子供は、どこか行くことが大好きです。それが、自分が知らない場所なら尚更好奇心いっぱいに目が輝いています。大人になっても、その気持ちは同じです。

普段とは、違う土地にいくことはやはり胸がワクワクするものです。その楽しい時間を、家族で過ごすことは親子の思い出になります。何年過ぎても、いくつになっても親子の絆は変わることはありません。

そこに、家族旅行という思い出も加わることでまた、人生は豊かになっていきます。旅行を嫌いな人は、あまりいないはずです。旅行は、計画を立てるときからもう始まっています。

そして、その出発の日までの待っている時間も本当に楽しく過ごすことができます。観光やグルメなど、旅先には楽しいことがたくさんありますが、一番はやはり家族全員の笑顔をみることができることです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *