思い出に残るバスツアーの旅
2018年7月12日

岡山方面から名古屋へは高速バスの利用が便利です

自家用車での日帰りの旅行といえば大抵は片道200キロ程度が理想範囲ですが、岡山から名古屋は概ね330キロ程度あるものの高速バスを使用すれば日帰りでも十分旅行が可能です。

倉敷駅北口を6時に出発した高速バスは、岡山駅西口で6時40分に乗車扱いのため停車し、高速道路を経由し正午前に名古屋駅に到着します。帰りについては名古屋駅を17時に出発し22時20分に岡山駅へ、23時に倉敷駅へそれぞれ到着します。往路の高速道路での渋滞が発生した場合で、滞在時間の短縮が心配される時には同じ会社が運行している夜行便の利用も最適です。夜行便では名古屋出発が23時40分なので、約半日を観光などで過ごす事が可能となります。

高速バスではプロの運転手が運転してくれるため、多少の片道あたりの距離が長くても日帰りの旅行が可能となっています。ただしせっかく遠方へ旅行する場合には、ある程度の滞在時間を確保する方が色々な観光場所を回れるので理想です。何らかの下見のため要点だけを簡単に周りたい場合には、往復昼行の日帰りでも全く問題ありません。

じっくり観光を楽しみたい場合には現地での一泊か、片道もしくは往復の夜行高速バス利用が理想です。倉敷から名古屋を結ぶ、リョービエクスプレス号の往復運賃は12400円で、岡山からの利用では12000円となっています。昼行便でも夜行便でも同額という点も魅力的です。昼行便のみ途中で2回開放休憩があり、外でのんびりした一時を過ごせる点も素晴らしく、上下線で休憩場所が異なる点も違う雰囲気が味わえるので理想です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *