思い出に残るバスツアーの旅
2018年7月6日

大阪東京間の旅行には夜行バスの利用がおすすめ

日本の大都市である大阪と東京。

どちらの地にも魅力的な観光地がたくさんあります。飛行機や新幹線などが主流の移動手段ではありますが、観光に重きを置いて旅行するならば夜行バスがおすすめなのをご存知でしょうか。夜行バスとは文字通り夜間に出発し、翌早朝に目的地に着く高速バスのことです。大阪東京間の移動時間は8時間程度、途中1~2回程度サービスエリアでトイレ休憩があることが多いです。夜行バスのメリットは移動にかける時間を短縮できることや、飛行機や新幹線に比べ低価格であることです。

デメリットは、慣れていないと眠れなくて辛いことでしょう。アイマスクやエア枕、耳栓など安眠グッズを準備することがおすすめです。高速バスのタイプは通常のリムジンバスのように4列シートでトイレがついていないものから、3列独立シートにフッドレストや個別カーテンがついているバスなど様々です。初めて利用する場合はトイレがついているバスや、座席間に余裕があるバスを利用すると安心でしょう。

女性専用バスや女性専用スペースがあるバスもあるので、女性の一人旅でも安心です。夜行バスを利用すれば大阪東京間なら日帰り観光も可能です。夕食を済ませてから22時頃出発すると、翌日の5~6時には着くため人気の遊園地も朝から遊ぶことが可能です。1日遊んでまたバスで眠りながら家路につくことだってできるんです。ちょっと距離のある遠足くらいの感覚で、気軽に旅行してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *