思い出に残るバスツアーの旅
2018年6月24日

白浜温泉で楽しむために

どこの行楽地もそれなりに良いものですが、例えば何がしかのツアーではなく、個人的に行くのであればできるだけ回る範囲を広く、また長い道のりでその過程を楽しむことも良いのものです。

最終的な行先は白浜温泉であっても、いきなり白浜に向かってしまっては面白くないので、途中でしか立ち寄れない場所も含めて観光します。高速を使って和歌山へ行きますと、山の向こうには、高野山がそびえたっているのですぐ目に付きます。高野山をめがけて、細い道をくねくねと登っていきますと、バス一台がやっと通れるような険しい道で、すれ違おうものならヒヤヒヤしなければなりません。

頂上に着くと有名なお寺さんが立ち並び、観光客が多く聖地を感じさせます。観光が済めば山の向こうへと続く一本のロードがあるので、その道に沿って下っていくと、そこには龍神温泉の温泉郷があります。至る所に日帰りで入れる温泉があり、泉質もかなり良いもので、またその温泉水を飲用できることが嬉しい限りです。ここの湯に浸るために、キャンピングカーなどで、泊まりながら個人的な旅をしている人も見かけます。

ここまでくれば白浜は目と鼻の先であるために、ゆっくりと散策してこの場を楽しみたいものです。この場を後にして、海沿いの道をぐるっと回れば、最初予定した目的地の白浜に到着するのです。白浜も、国内では知らない人がいないというほど有名な場所として、多くの人たちに記憶されているところです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *