思い出に残るバスツアーの旅
2018年6月12日

白浜温泉の湯上り後におすすめの地ビール

日本3古泉の1つといわれる和歌山県の白浜温泉は、白良浜・千畳敷・三段壁・円月島・アドベンチャーワールドその他、さまざまな観光スポットが揃っている観光地でもあります。

日本書紀や万葉集にも記載があるほど歴史のある名湯とともに、観光も十分に満喫することができます。観光するよりも、温泉に入って美味しいビールを飲みたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方におすすめなのが、白浜の地ビールであるナギサビールです。数種類の厳選された麦芽をバランスよく配合し、高級なホップをふんだんに使用して、酵母ろ過をしないで作られています。

さらに仕込み水には、モンドセレクション最高金賞を連続受賞・国際最高品質賞を合わせて受賞した南紀白浜富田の水が使われています。なめらかで飲みやすい口当たりと、深い味わいと高い香りが特徴のビールです。ナギサビールには、定番であるアメリカンスィート・ペールエール・インディアペールエールのほかに、ゴールデンエール・アイパッチスタウト・アンバーエール・ヘヴン・みかんエールが限定ビールとして作られています。

その中でもみかんエールは麦汁に紀州の特選高級みかん果汁と皮をブレンドして発酵させたもので、南紀らしい温州みかんの風味が感じられるオリジナルビールです。ナギサビールを生樽で取り扱っているところは白浜でも少ないため、温泉の湯上りには瓶で飲むほうが多いかもしれません。でも白浜には醸造所があって工場見学もできるほか、直営レストランもあります。出来立てのビールを飲みたいという方は、行ってみてはいかがでしょうか。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *