リレンザというインフルエンザに有効な薬がありますが、タミフルと比べると使用頻度や知名度は低いと感じられます。タミフル以外にリレンザをより知ることで選択肢も増え効果的な治療が行える可能性が広まります。

診断で処方されるリレンザと気管支喘息の人への使用

リレンザは吸引して服用する抗インフルエンザ剤です。インフルエンザに感染すると喉の奥からは胃までの空気が通る軌道にインフルエンザウイルスが繁殖します。この軌道の部分に張り付いて、直接インフルエンザウイルスをやっつけることができるのがリレンザの特徴です。インフルエンザの特効薬としてよく知られているタミフルと同じようにインフルエンザA型、B型の両方に効果があるとされていて、インフルエンザウイルスの増殖を抑える作用があるため発症後48時間以内に投与を開始することで効果を発揮します。そのためできるだけ早い段階で使用することが大切でもあります。普通の内服薬とは使用法が異なるため、インフルエンザと診断されてリレンザが処方される際には吸引器具の説明なども行われますが、インフルエンザと診断されて初めてリレンザが処方された場合に使用方法が不安だと言う場合には、薬局で受け取ったらその場で吸引方法を薬剤師の方に見てもらいながら吸引してみるようにすると安心です。リレンザは1日2回使用で5日分が処方されるのが一般的で、処方された分をすべて使用してしまうようにすることが大切です。使用してすぐに熱が下がったりすることがありますが、その場合にもインフルエンザウイルスは体内に残っといるので勝手に使用をやめてしまうとまた高熱が出てしまうことなどがあります。またリレンザは吸入するタイプの薬であるため慢性閉塞性肺疾患や気管支喘息の診断をされているなど呼吸器疾患のある人が使用してしまうと軌道を刺激して呼吸器系の症状を引き起こしたり、気管支喘息の症状を悪化させてしまう場合があります。気管支ぜんそくなどの呼吸器疾患がある場合はリレンザが処方される前に、医師に伝えるようにすることが大切です。