リレンザというインフルエンザに有効な薬がありますが、タミフルと比べると使用頻度や知名度は低いと感じられます。タミフル以外にリレンザをより知ることで選択肢も増え効果的な治療が行える可能性が広まります。

学年閉鎖になる位流行したら放射線治療の方はリレンザ

冬になるとインフルエンザウイルスが大流行し、地域によっては学年閉鎖の事態が起こることがあります。
学年閉鎖になるほど流行すると、自分も近いうちに感染して、寝込んでしまうのではないかと不安になってしまうかも知れませんね。
インフルエンザを発症すると、38度以上の高熱が出るうえ、頭痛や筋肉痛、関節痛、下痢などの症状で苦しむことになるので、症状が治まるまでは何もすることが出来なくなってしまいます。
受験が迫っているときに、学年閉鎖のような状態になっては大変なので、普段からマスクや手袋を着用したり、手洗いやうがいを小まめに行うなどの予防を忘れないことが大切です。
家の中では加湿器をつけて、部屋の空気を乾燥させないようにする必要がありますが、それだけでもまだ不安という方があれば、個人輸入代行通販からリレンザを取り寄せるとよいでしょう。
リレンザは発症から48時間以内に使用することで、インフルエンザウイルスの増殖を防げる吸入薬で、予防にも治療にも使える薬なので、いざというときには重宝します。
インフルエンザ対策には、予防接種という方法もありますが、放射線治療中の方の場合は、お医者さんに相談しないと、受けることは出来ません。
放射線治療を終えた後で、予防接種を勧められることもありますから、インフルエンザの感染の恐怖をなくすことが出来なくなってしまいます。
しかし放射線治療中の方でも、リレンザは使えるので、予防接種が受けられない人はこの薬でインフルエンザ対策をするようにしてください。
リレンザの価格は個人輸入代行通販によって違うので、少しでも節約したいなら、出来るだけ安く販売しているところを選んで、注文するようにしましょう。