リレンザというインフルエンザに有効な薬がありますが、タミフルと比べると使用頻度や知名度は低いと感じられます。タミフル以外にリレンザをより知ることで選択肢も増え効果的な治療が行える可能性が広まります。

リレンザとタミフルの違い

インフルエンザは毎年乾燥する冬の時期になると流行することから誰もが知っている感染症です。その治療薬としてタミフルが最も有名なものとなりましたが、それに続いて話題に上がってきたのがリレンザです。市場に登場したのはリレンザの方が先であるにもかかわらず、タミフルの方が名を知られるようになったのはその投与方法の違いによる部分が大きいといえるでしょう。タミフルは経口で飲むことができる薬であり、日本人にとっては薬として馴染み深いものであるというのは確かです。それに対して、リレンザは吸入薬であり、あまり使い慣れない人が多いこともあってあまり高い注目を浴びなかったという面があるのです。しかし、これらはいずれもノイラミニダーゼ阻害薬に分類されるインフルエンザ治療薬であり、作用するメカニズムは同じです。インフルエンザウイルスのもつノイラミニダーゼを阻害することによって、感染した細胞からウイルスが脱出することを抑制して感染してしまう細胞を減らすことができるのがこれらの薬に共通することです。しかし、これらが全く同じようにノイラミニダーゼに対して阻害作用を示すかというとそういうわけではありません。そのため、タミフル耐性のウイルスが発生してもそれに対してリレンザが有効である可能性があり、その逆もまた可能性があるのです。また、投与方法の違いも大きな違いを生んでいる点であり、高齢になってしまって薬を飲むことが難しい患者でも吸入なら行える場合もあり、逆に、喘息などで吸入が難しい患者でも飲み薬なら飲むことができます。同じ作用メカニズムのインフルエンザ治療薬であっても、こういった様々な違いがタミフルとリレンザにはあるのです。